-

「スプレッド」とは外為取引は外貨を取引して儲けを狙う投資です。買ったり売ったりの値段は、二十四時間変化しています。これがマーケットです。テレビを見ているとドルやユーロの話題が流れます。たとえば、「現在のドル相場は1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という具合です。それは80円50銭から80円52銭の幅の中で売買されているという訳ではなく、ドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭、であることを表しています。別の表現をすると売買には買いと売りの2つの値段が存在します。売値、買値の事を別の言い方で表示しているFX取引会社もあったりします。買値よりも売値のほうが低く定められています。自分が買値は高く、売値は安くなるのが普通です。この差分をスプレッドといい会社の儲けとなっています。スプレッドの狭さは業者によって変化します。スプレッドはみなさんにとって支出となるので、低い取引会社を選んだほうが有益です。ただし、同じFX取引会社でも状況によってスプレッドの差は変わります。仮に円とドルの組合せで1銭のスプレッドの狭さとは言っても市場の上下がかなり激しいケースでは1銭よりも大きくなったりします。ですから、スプレッドが小さいのと合わせて固定しているということが重要です。最近では変化しないスプレッドの狭さを見せるFX取引会社も多数存在しています。現実にFX取引会社のトレード画面上で現実のレートを見て確認しなければ判断できないので面倒くさいですが、大切な事です。大切な投資資金を投資して売買するのだから、リアルな注文の前に興味を持った取引会社の取引するための口座開設をいくつもして、スプレッドの差を点検しましょう。同じペアでもそのタイミングの状況によって、通貨ペアのスプレッドの差は異なります。普通は、インターバンク市場で取引高が多い通貨ペアではスプレッドが狭く、この他の通貨ではスプレッドの差が広くなる事が多いです。

Category

リンク