-

借り入れの引き落し方式は、ローン会社それぞれで随分へだたりがありまして、いろいな方法が取り入れられています。基本的にはスライド方法やリボ払い方法などが選ばれているみたいです。こんな誰でも知ってるリボでも、実を言うと算出にいろいな法というものがあったりします。またしかような種別により支払い額が変わってしまうわけですので、知ることで負担はないでしょう。そうしたら簡便にこの2つの手法の差異に関してを説明していきましょう。最初は元金均等払いでその次は元利均等払いというものです。それぞれその名のとおり、元本についてを均等にして支払っていくのと、元金と金利についてを一緒にして均等に返済していこうという様式です。このケースでは仮に10万円カードキャッシングしたと設定して実際問題としてどんなような算定をするのかやってみましょう。利息は双方とも15%と仮定し計算します。またリボ払いについての返済額は1万円と仮定して考えます。取りあえず元金均等払いのほうからです。こうした折の1度目の返済は1万円に利息分1250円を合計した引き落とし額になります。その次の返済は1万円に対して金利分の1125円を加算した金額となります。こういうふうにして全部で10回にて返済をお終いにするといった方式になります。一方、元利均等払いというのは初回の支払いについては1万円ですが元金に8750円金利へ1250円と言う具合で割り振りをします。2回目の返済については元金が8750円に減少した状態で利息を計算してその1万円からまた分配するのです。要するに元利均等払いのケースは10回で引き落しが終わらない算定になったりします。こればかりの違いで二方がどれくらい相異なってるのかということがたっぷりとご理解頂けたことでしょう。元利均等というものは元金均等に比肩し、まぎれもなく元本が減少していくのが遅いといった難というのがあります。詰まるところ利息を余分に出すという状況になってしまうのです。他方1度目の返済が少額で済んでしまったという利点も存在したりします。こういった支払い方式に関するずれによって支払トータルというのは異なってきますから自分の嗜好に合致した使用法をするようにしていってください。

Category

リンク