-

愛車を走らせている時、「クルマを使ったままで直ぐ融資可能」というような看板やお知らせが目に付くことも多いかもしれません。こうした広告は、車を担保として融資する広告群であることが多いと思います。車担保融資と呼ばれる言葉は、耳にしたことがあっても、実際、どんなキャッシングの仕方なのかそれほど把握していない人も中にはいると思います。車担保融資とは、それだけ世の中に浸透していない融資方法ともいえると思います。車担保融資では、愛車を返済ができなくなった際の保障にすることで、愛車の現時点の評価額を出し、その金額の査定枠内でローンを原則として行っているはずです。クルマ買取専門店での査定と同じように、古い車や事故車であったりすると、査定金額が安くなってしまうことがあるようですので、車担保融資の際には覚えておくといいと言えます。車担保融資は、「自動車」という実質資産を保険として抑える方法ですので、消費者金融などでキャッシングがストップしている人でも直ぐに査定枠でのローンキャッシングを行えるようです。さらに言えば、銀行や消費者金融でのローンキャッシングには色々な手続きの流れや厳しい審査などがありますが、愛車という担保を使って行う融資ですから、そういうものが必要ないってこともあります。最近では、クルマを返済ができなくなった際の保障にしてローンを受けても、その車を今までと変わらなく利用することが出来る車担保融資も増えてきています。また、この方法の欠点としては、クルマの査定額に融資の上限額次第ですので、所持する自動車によって、本人が志願する価額のローンキャッシングを受けられないということも度々あるようです。愛車を担保としますから、万一返済そのものが滞ってしまったケースは、即座に車を明け渡さなければならないという、弱点といえるかもしれません。愛車が暮らしで欠かせないアイテムである土地柄では、愛車を、返済に行き詰った際の保険にするキャッシングの方法は、結構リスクが高いといえるはずです。

Category

リンク