-

自動車の事故は己だけの自損事故と誰か別の人に影響を与えた車での事故が存在します。自分だけで起こした事故の場面では自身だけで事故対応をすることで完了となりますが、別の人を巻き込んだ事故はどちらにどの割合でミスがあったのかを調べて、これにより故障した車の修復のお金が和解金の額等が決定されるので、車の保険屋さんの担当の人にも参加してもらいやり取りが必要です。普通の自動車の事故の際それぞれに多少の手落ちがある時が大多数でどちらかだけのミスであるという時は多くありません。言うまでも無く信号無視や一旦停止無視などによって起きた事故はとても大きな責任になりますが被害者側にも手落ちがあったと判断されます。自動車事故の時には誰の過失が原因で起きたのかという決着が物凄く大事になってくるので、それを数字で表したものが『過失割合』と呼ばれるものです。例として、上記の赤信号で進んでしまった、一時停止無視条件では道路交通法のルール上相手方に10割責任があると見えますが、その場面で事故を起こした車が正面からこちらに向かってきていて自分の目で確認できた時では被害者でも注意不足であったとして1割程度のミスが指摘される可能性は0ではありません。つまりその条件では加害者が9割事故に巻き込まれた人が1割過失となってミスが大きな側に大きな手落ちが問われる事になるのです。さらにこの過失割合は前の車の事故の判例をベースに決定されることが多数あり、日弁連交通事故相談センターから明らかにされている過失割合認定基準表のようなものが目安として使われます。このような過失割合の、割合が高いほど責任結果として賠償しなければいけない額も大きくなりますから、事故に関する交渉は本人達だけでなく自動車の保険の担当の方を交えて慌てずに相談する事が必要です。

Category

リンク